一人暮らし

一人暮らし節約術をみていきたいです。
一人暮らしは全部、自分で管理をしなければならないので、節約術は難しいです。
少しのゆるみで節約ができなくなります。
一人暮らしで節約をするには、徹底的に意識の変化が必要です。
たとえば、体に不必要なものはできるだけ取らないようにするというのも節約の役に立ちます。

タバコやお酒を辞めるだけでも

飲酒 喫煙

タバコやお酒を辞めるだけで、かなりの節約になります。
タバコは体に悪いですから辞めても問題ないはずです。
しかし、ここで私は絶対にタバコを辞めるようには言いません。
なぜなら、人によって、その問題の依存度がわからないからです。
人によっては、どうしてもタバコが重要な人もいるでしょう。
そういう人に無理やり辞めるようには言えません。

 

もし、タバコを辞めることが難しければ、他のことで節約することを心がけましょう。
節約術の大事なことは、全て、自分オリジナルのものになることです。
自分にとって、無駄な部分を徹底的になくすのが、オリジナル節約術の大切なところです
そしたら、タバコとお酒以外で節約できることを考えていきたいです。

食費を考える

食事は一人暮らしなら、かなり節約できる要素を持っています。
私は外食は辞めた方がいいというようなことは言いません。
むしろ、一人で食べる食品を安いものにするということを言っているのです。
たとえば、納豆を食べるとかです。
安くて、お腹がふくれる食品を食事にすることをお勧めします。
そして、間食はできるかぎり取らないようにしましょう。
それか、間食はパンを食べるようにしましょう。
パンはスーパーなどで購入するようにして、
賞味期限の切れそうな安くなっているパンを購入するのです。
パンは値引きされやすい食品ですし、それでいて、お腹の足しにもなるのです。

生活スタイルを考える

インテリア

 

食品以外なら、インテリアにこだわらないというのも有効です、
インテリアはこだわっていると本当にお金を使ってしまいます。
最低限の収納だけ購入して、あとは部屋をこまめに掃除する方がずっと気持ちのよい生活ができるものです。
実際、友人や恋人も部屋がきれいかどうかの方が
高いインテリアを持っていることより大事にしていると思います。

自分専用のオリジナル節約術!

節約術は自分を切り詰めていくようなことです。
自分にとって無くてもいいものを見つける作業が節約になるのです。
だから、人によっては、それが重要なものかもしれないのです。
ですから、あくまで自分にとって無くてもいいかなと思うことを切り詰めることだと思います。
ぜひ、オリジナル節約術を実践していきましょう。

おすすめの記事